スワップ金利とは?

スワップというのは、ペアとなる通貨の金利差によって発生するものです。
FXでのスワップとは、スワップ金利とも言います。意味は同じです。ただ、必ずしも収益になるとは限りません。
それぞれの国にはそれぞれの通過がありますが、同時にその国によって金利も異なります。

 

例えば、現在日本はとても金利の低い国です。アメリカなど他の国と比較しても、かなり低いと言えます。
そんな金利の低い日本の通貨で金利の高い国の通貨を購入した場合、金利差というものが生じます。
その金利分を毎日受け取る事ができます。例えば、円でアメリカドルを購入した場合は、このスワップが発生して収益となるのです。

 

逆に、金利の高い国の通貨で金利の低い通貨を購入した場合は、逆にスワップが引かれます。
スワップというのは、各通貨間の均衡を図る為の制度とも言えます。
この外為オンラインは、不況下において確実に利益を出しやすいと言えます。
金利は余程の事がないと下がらないからです。安定した利益を確保できる分、不況には有利と言えるのです。

 

ただ、当然為替の差額の変動によっても収益は変化するので、スワップのみの収益だけではなかなか利益となるとは限らないのが現状ではあります。

スワップ金利についてーFX口座開設に必要なこと関連ページ

FXのリスクについて