会社の海外貿易は、FXとの接点

海外関係は従来視点でいえば、まるで関係なかったのは海外旅行をしなかったためでした。

 

しかし、前職の会社では海外部が設けられており、海外との取引が活発でした。むしろその部分がなければ、企業魅力は半減するといってよいでしょう。少なくとも日本語しか話せないよりは、外国語を話す社員のほうが重要であることが多く、帰国子女などは憧れの人であったりするでしょう。

 

そうして、海外との距離を当時の身近な社員から感じ取るようになったのは、外貨運用を身近にしています。
ビジネス自体がマージン商売で、仕入れから販売への橋渡しをしている点も、FXとはとてもよく似ています。
FXについても、安いときに買いを入れて、高くなったら売るという差益を得るのを目的にしています。
このマージンと差益とは違いますが、近いことのように感じられます。

 

結局のところ、そういうマージンビジネス主体の企業から離れると、個人ビジネスで手軽に参加できるところではFXは近い手法であるといえます。
両者に違いは当然ありながら、前職の外部の接点は、海外やマージンビジネスにほかならず、FXは日本や海外の物価や貨幣価値に影響し、ざっくりとした関連事項への取り組みとみなせる事柄です。

仕事上のFXとの接点ーFX口座開設に必要なこと関連ページ

他の投資よりも魅力的なFX